年齢を重ねてくると、家の購入を考える方が多いと思います。持家と賃貸でどちらが良いのか記述していきます。

賃貸選びは安いエリアを狙う
賃貸選びは安いエリアを狙う

持家と賃貸どちらが良いのか。

社会人になり、ある程度時が立つと、人生の大きな決断をする時が来ます。一つは結婚。もう一つは家の購入だと思います。昔は結婚すれば義理の両親との同居をされる家庭が一般的でしたが、最近は結婚後、両親との同居を望まない方が増えています。働き方や、昔とは違うライフスタイルの考え方で必ずしも同居をしないといけないという風潮ではなくなってきています。そこで、マイホームの購入ということになるのですが、長いローンを返しながらマイホームを購入するのか、アパート等で家賃を払いながら住み続けるのとどちらがいいのか。

私の個人的な意見としては、これからは持家よりアパート等の賃貸のほうがいいのかなと思います。まずに、長い間払わないといけないローンの問題があります。昔の日本の給料は右肩上がりの時代や年功序列でいつかは高給になっていけばいいですが、今の時代は年功序列でもないし、会社だってどうなるかわかりません。災害だって考えられます。これからローンを払い続ける長い間、何も起こらないとは考えられず、持家だとまず、その心配があります。また、賃貸ならライフスタイルや近所との関係によって住む所を変えられるというメリットがあります。持家だと何があってもその家に住み続けないといけないという部分でも、賃貸のほうが良いと思われます。


Copyright(c) 2017 賃貸選びは安いエリアを狙う All Rights Reserved.