ある賃貸のオーナーさんは、10年区切りで鍵やエアコンなどの備品を交換することで効果を上げています。

賃貸選びは安いエリアを狙う
賃貸選びは安いエリアを狙う

10年区切りで賃貸設備の交換を

「降らずとも傘の用意」とは茶道の言葉ですが、賃貸でもこれを10年区切りで実践しているオーナーもいるようです。たとえ設備そのものが壊れて使えなくなっていなくても、10年経ったら必ず交換するようにしているそうです。そうすることで、壊れてから慌てる、入居者を待たせる、という無駄を失くすことに成功しているようです。賃貸の設備では、鍵、エアコン、給湯器、など10年経てば正常に動かなくなる可能性が高いものも多いです。故障や不具合が起きてから対策するのではなく、起きる事を見越して事前に新しい設備に交換しておくという事です。また、10年を一区切りにすると資金繰りの計算もやりやすいというメリットも得られます。10年というのは、備品にとっても資金繰りにとっても、丁度いい数字なのでしょう。

賃貸のオーナーにとって、設備を整えることはコストがかかります。しかし、その費用対効果があれば元はとれます。備品の交換というのは、細かい部分なので壊れたら直す、という感じで後手に回してしまいがちなものですが、こういう細かい調整を日々行っておくことこそ、入居者から信頼される賃貸にするポイントなのかもしれません。空き室対策の一つの方法として使えそうですね。


Copyright(c) 2017 賃貸選びは安いエリアを狙う All Rights Reserved.