賃貸経営をする人の中には、前職が不動産関係ではなかったオーナーもいます。それを逆に活かしているケースもあります

賃貸選びは安いエリアを狙う
賃貸選びは安いエリアを狙う

賃貸経営に前職を活かすメリット

最近では一般の人でも不動産投資をする人が増えて、賃貸経営を始めるサラリーマン大家さん等が一時期話題になりました。このように、賃貸のオーナーは、現在働いている人も含め、不動産とは関係ない仕事をしている人も多いです。昔ならば親が賃貸経営をしていたので、そのまま子供がその物件を引き継いで二代目大家さんとして経営している物件もありましたが、いまは不動産には経験のない前職にも関係のない人が始めるケースもあるのです。そういった流れのなかで、前職の仕事の経験を活かして賃貸経営に取り組むオーナーもいます。例えば、賃貸経営を始める前は百貨店経営の仕事をしていたというオーナーさんだと、百貨店の飾り付け時の能力が発揮されています。クリスマスオーナメントや、お正月の飾り付けなど、百貨店で飾り付けをした経験をフルに活かして、賃貸の共有部分をデコレーションしているのです。

他にも、資格を活かした賃貸経営をしているオーナーもいます。例えば、ワインソムリエ、看護師、茶道、華道、など自分の能力をそのまま賃貸のコンセプトにして、入居者の注目を惹くのです。こういったユニークな賃貸はまだ新しい分野ですが、良い所を真似て経営するオーナーが増えれば、さらにこういった賃貸物件が増えそうです。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 賃貸選びは安いエリアを狙う All Rights Reserved.