近頃人気の賃貸物件として、ソーシャルアパートという賃貸形式が人気です。その特徴について説明いたします。

賃貸選びは安いエリアを狙う
賃貸選びは安いエリアを狙う

ソーシャルアパートという賃貸物件

最近は築年数が古い建物全体を大規模にリノベーション工事行い、ソーシャルアパートとして新たな賃貸物件を供給している事例があります。ソーシャルアパートとは、入居者同士のコミュニケーションを促進することがコンセプトの賃貸物件であり、入居者は20代から30代と、若い世代が中心となっています。物件の特徴としては、共有スペースが豪華な仕様になっており、具体的にはラウンジや、屋外テラス、ビリヤード場や、食堂なども併設されている物件も存在します。

ソーシャルアパートのメリットとしては、敷金や礼金は不要ということもあり、また古い建物をリノベーションしているため、新築賃貸マンションよりも家賃が低く設定されていることも入居者にとってはありがたいことです。しかし、入居時にデポジットを取る物件がある場合もありますので、それぞれのソーシャルアパートで入居の際の費用がいくらかを確認する必要があります。また、家電なども最初から設置されている物件が多く、出費が少なくて済むメリットや、シェアハウスなどでは生活における規則が厳しく、門限や異性に関するルールが定められていることが多いですが、ソーシャルアパートの場合は基本的に自由です。

これは元々が分譲マンションであった物件をリノベーションしているため、共有スペースを通らなくても専有住戸にアクセスできるからというのが理由です。このように同じ世代で刺激し合えるソーシャルアパートの魅力が、今後は人気を呼びそうです。


Copyright(c) 2017 賃貸選びは安いエリアを狙う All Rights Reserved.