賃貸用の中古物件をリノベーションする取り組みが出てきている。中古物件の価値を上げるための有意義な取り組み。

賃貸選びは安いエリアを狙う
賃貸選びは安いエリアを狙う

賃貸中古物件をリノベーション

リノベーションという言葉が建築業界で使われ始めたのはもう何年も前のことだと思います。当時は買取用の中古物件をリノベートして新築物件に負けない魅力を作りだそうというのがコンセプトだったと思います。もちろんこういった取り組みは今でも続いていますが、今ではリノベーションは新しいステージにきているようです。というのも、買取用の中古物件だけでなく、最近では賃貸用の物件でもリノベーションが図られるようになってきたからです。どんどん新規にマンションやアパートが建設されている日本では、それに比例して古い物件も増えていっています。需要の面でみれば新築物件の方に軍配。中古物件はなかなかきびしい状況です。そこで改めて注目されたのがこのリノベーションというわけです。

とある公社住宅を例に挙げると、そこでは民間住宅と競い合うために、古い物件をカフェ風にリノベートしています。室内のインテリアや装飾をおしゃれば街カフェ風にアレンジし、また壁紙も入居者の希望にそって貼り替えるなど、古い物件でもオシャレな印象を持たれるように工夫をしています。実際にモデルルームを見てみると、住居というよりもまさにカフェといった感じです。少なくとも既存の日本の家屋ではあまり見かけない素敵な内装になっています。

それでも、まだまだ賃貸物件のリノベーション自体は少ないと思います。これからもっともっとこういった取り組みが広がっていけば、消費者にとっても選択肢が増えることになるのかもしれませんね。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 賃貸選びは安いエリアを狙う All Rights Reserved.