賃貸マンションの一階というのは、意外とメリットがありますから、十分に住んで見ることはあります。

賃貸選びは安いエリアを狙う
賃貸選びは安いエリアを狙う

賃貸マンションの一階というのは

賃貸マンションといえば、高層も低層もあります。極端な話をすれば、一階も当然のことですが、あるのです。せっかくマンションに住むのに一階は損をしている気がする、という人がいるのですが、実はしっかりとメリットがあります。まず、エントランスや駐車場、駐輪場が近いので、重い荷物を運ぶとき、大型家電、家具の搬入、ゴミ捨て、忘れ物を取りに戻るのも非常に楽です。高層ですとエレベーターを待つのに数分、そして登るのにもそれなりの時間がかかる、ということがあります。つまりは、外出が億劫にならない、ということでもあります。また、階下がないので、子どもが室内で少々はしゃいでも気を遣わなくて済む、というメリットもあります。通勤時間のエレベーター待ちがなく、ベビーカーの出入りも容易。子どもや女性が1人でエレベーターに乗るのは危険性もあるが、1階ならばそうした不安とは無関係です。ふとんや洗濯物も気兼ねなく干せます。しかも庭があるところもあります。

管理人常駐や24時間の警備システム、オートロック、格子窓、防犯シャッター付きなどセキュリティが優れていれば、無防備な上階より安全性が高い場合もあります。むしろ、安全なのです。道路に面した1階だと周囲の目があるので、空き巣などが侵入しにくいからです。また、災害があり、外に出たほうがよいときも、1階なら極めて脱出しやすいのです。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 賃貸選びは安いエリアを狙う All Rights Reserved.