賃貸アパートを選ぶ際に何を重視したか。住んでみてから知った事や問題に対してどのように対処するのか。

賃貸選びは安いエリアを狙う
賃貸選びは安いエリアを狙う

賃貸アパートを選ぶ際に重視した事

賃貸のいいところ悪いところいろいろありますが、まず修復義務が少ない点と、汚くなったら他のアパートに住めば良いという利便性があります。ただし愛着や地域に根差した生き方とは無縁の様な気がします。とくに賃貸のメリットとしては色々な所に住めたり固定資産税をおさめるひつようがない、ただし固定資産税に関しては賃貸料に賄われているという考え方もできるため一概に言えないですが。しかしながら新築などでなければある程度中古で物件年数がたっているところなどは賃料が割安でかつ、適度な大きさの家に住むことができます。ただし住居環境はやはり一軒家に比べて悪いと思います。

設備にお金をかけていない漢字がもろに伝わります。網戸やガスやお風呂などちゃちな作りの物最低限度の造りの物など見てとれるところが多いです。なので重視すべきは設備と賃料とのバランスがどの程度なのか、また契約更新と言う料金も2年ごとにかかるので転居も踏まえたうえでならば結局は一軒家とどっこいどっこいの様な気もしますが、家の劣化などを考えると賃貸の方が老後の家はある程度綺麗な所に住めるのではないでしょうか。ただし家への愛着や故郷というものを大切にするのであればやはり一軒家でどっしりと構えていた方がいいともいえます賃貸ではやはり引越しやその他の県に移り住めるというメリットがあるものの子供のことを考えるとやはり同じ地域や学区で生活する方が自然ですし孤立しないのではと思います。


Copyright(c) 2017 賃貸選びは安いエリアを狙う All Rights Reserved.