賃貸アパートには当たり外れがあるが、住まいは生活の基盤なので、少々家賃が高くても良い物件を選びたい。

賃貸選びは安いエリアを狙う
賃貸選びは安いエリアを狙う

賃貸アパートの当たり外れ体験談

独身時代を含めたら、全部で4回、賃貸アパート暮らしをしました。学生時代は大家さんの家の裏にある上下2部屋しかない部屋の1階に住みました。そこは日当たり最高、セキュリティも問題なしでしたが、上の住人が週末の夜は飲み会をするらしく、その音がとても響くのです。大家さんに言っても全く改善されず、その人が引っ越す2年くらいはストレスでした。結婚してからは築20年ほどのアパートの1階に住んだのですが、結露がひどく、北の部屋にカビが生えたり、お風呂に虫が発生したりと大変でした。

1階はやはり危ないかもと思い、次に引っ越したのはエレベーターなしの4階建ての4階でした。今度はちょうど妊娠出産直後だったため、妊婦の時は階段で転ばないように、出産後は赤ちゃんと荷物などで、階段を何度も上り下りしたりとかなり体力的にきつかったです。その後転勤に伴い、のどかな郊外に住みました。もう1人子供が増えたことから、迷惑にならないようにとアパートの1階に住むことにしました。ここも日当たりもよく、部屋も広く、また幼稚園も近いということで、今までの教訓を生かして借りたつもりです。ところが、ここの落とし穴は隣に保育園のグラウンドがあり、北の部屋の窓を開けると、砂埃が入ってくるため開けられないのです。今は持ち家に住んでいますが、土地選びや設計の段階であれこれこだわったつもりですが、やはり100%満足とは言えません。住まい選びというものは本当に難しいものですね。


Copyright(c) 2017 賃貸選びは安いエリアを狙う All Rights Reserved.